サイトメニュー

休職制度をチェック

悩む男女

うつ病予防のためにストレスチェックを実施したいけれど人数が50人以下の企業の場合専門業者へストレスチェックを依頼すると費用がかかってしまいますが、助成金を利用することが可能です。また、従業員のことを考えるなら休職制度を取り入れて傷病手当を受給できるようにすると良いでしょう。

詳しく見る

治療中の生活をカバー

医薬品

ストレスチェックを実施した後に面談指導を行わないといけませんが、大きな改革をする場合費用がかさんでしまうことがありますが費用を抑える方法もあります。その他、うつ病になってしまった際は傷病手当で生活をカバーしていきましょう。

詳しく見る

休むことが大切

カウンセリング

うつ病を発症してしまった場合、休むということが最も大切なこととなります。安心して休むためにも傷病手当を受給した方が良く、また受けられる制度についても知っておきましょう。

詳しく見る

退職について考える

看護師

うつ病で休職する場合、傷病手当があることからいずれは会社に戻るということを考えるかと思われます。しかし、会社が原因でうつ病になってしまった場合は復職を考えると悪化することもあるため休職中に退職をすることも可能です。

詳しく見る

事前予防が大事

看護師

安心して依頼できる

ストレスチェックが年に1度実施しなければならないという義務化になっていますが、ストレスチェックにかける時間が無いという会社やストレスチェック自体がよく分からないという会社は専門業者に依頼することで解消できます。専門業者はどのようなことを行ってくれるのかという前に確認しておくことがあります。ストレスチェックの義務化が対象となる企業は、「事業所の従業員が50名以上」とされています。この50名とは、「1年以上継続雇用されている方」もしくは「1年以上継続雇用される雇用契約の方であれば、週の労働時間が常勤に対しての2分の1以上勤務の方」とされています。パートやアルバイトの方でも、1年以上雇用している場合は週1度の勤務の方でも対象となります。役員は対象外です。また、各事業所の従業員数なので、企業の総従業員数が50名を超えていても、各事業所の人数が50名未満であれば対象にはなりません。またストレスチェックの対象者は、「一般定期健康診断の対象者の取扱いと同様」とされています。対象企業の基準である50名にはパートやアルバイトの方も含みますが、実際に実施する対象者は労働時間が正社員の4分の3以下のパートやアルバイトの方、休職中の方は含みません。次に企業が対応すべきことは「衛生委員会の設置」です。衛生委員会のメンバーは事業者が指名して決めます。メンバーは総括安全衛生管理者またはそれ以外の者である他にも事業の実施を統括管理するものを議長として1名、衛生管理者を1名以上、産業医を1名以上、従業員の中で衛生に関し経験がある者1名以上の最低4名は必要です。衛生委員会は毎月1回以上開催するようにしなければなりませんし、議事録は3年間保存する必要があります。次に専門業者が行ってもらうことですが、まずはストレスチェック制度担当者、実施者、実施事務従事者の専任です。次にストレスチェックのツールの選定と外部事業に委託する場合の業者の選定です。次に実施後の同意の取得方法の決定、高ストレス者の選定方法の決定、高ストレス者の従業員への面談干渉の決定、面談の医師の選定、データの保存方法決定などを対応してもらえます。また高ストレスと判断された労働者が面談指導を希望された場合、オプションとして産業医の紹介も対応しています。医師より指示があった場合、自社で就業上の措置を行なわなければなりませんが、最終的な労働局へ結果を報告するまで対応してもらえるので安心して依頼することができます。気になる料金ですが、専門業者により異なるので依頼したいという場合は一度問い合わせしてみましょう。

ストレスチェックでうつ病予防

そもそもなぜストレスチェックが行われているかというと、うつ病が現代病となっている今現在、うつ病を発症する人が多いからだと言えます。仕事が原因でうつ病を発症する人も多いためストレスチェックを導入してうつ病予防にあたっていると言えるでしょう。しかし、ストレスチェックだけではうつ病は防ぎきれないのが現実です。そのため完全にうつ病予防とはならずにうつ病を発症してしまう人は後を絶たないと言えます。うつ病を発症してしまうと従業員は働くことが困難となってしまいます。無理に働かせるわけにもいかないため優秀な人材を失ってしまうこともありますが、復職を望むのであれば休業制度を取り入れるようにしましょう。休業制度を活用することでうつ病発症者は傷病手当を受けることができ、治療に専念することができます。うつ病を克服することで社会復帰が叶い、戻ってきてもらうこともできるので優秀な人材を手放さずに済むと考えられます。

傷病手当について知る

傷病手当はうつ病でなくても、私傷病で4日以上働くことができない場合に受給することが可能です。しかしすべての人が受給できるわけではなく、休んだ期間中は給与支払いがないことが条件になるため事前に確認しておきましょう。しかし、うつ病の場合は一週間や半月、半年近くで改善できるものではありません。そのため、長期間働くことができなくなってしまうのですが傷病手当を受給することで費用面の心配をなくすことができるでしょう。傷病手当は社会保険に加入している人であれば受給することができ、国民健康保険に加入している方は傷病手当がもらえないので注意が必要です。

人気記事