サイトメニュー

退職について考える

看護師

自身に合わない会社に就き、うつ病になってしまうという人は少なくありません。本来であればうつ病を発症する前に転職することができればベストですが、気づかずに働き続けてうつ病を発症する人が多いと言えるでしょう。うつ病で傷病手当をもらうための条件としては休職というのがあります。退職をしてしまうと傷病手当はもらえなくとも、労災保険や雇用保険の申請で補償してもらうことは可能です。そのため、もし傷病手当を受けずに退職してしまった方は労災保険や雇用保険の申請で補償してもらうと良いでしょう。また、休職中に傷病手当を受けており途中で退職したいと思う方も少なくありません。休職中に退職をすることは可能ですし、傷病手当を受けている方は退職後も引き続き受給することが可能です。しかし、それには条件があり一番気を付けたい条件として「最終出社日に出勤しない」ということです。最終出社日に業務の引き継ぎなどで出勤してしまうと傷病手当の受給が取りやめとなってしまいます。そのため、退職をする前に引き継ぎなどは済ませておき、最終出社日には仕事をしないように注意しましょう。

傷病手当の受給期間は最長で1年半となっています。退職後に傷病手当を引き続き受ける場合、退職月からのスタートではないことを把握しておきましょう。受給期間で残った分しか傷病手当は受けることができないので調べておくと良いです。