サイトメニュー

休むことが大切

カウンセリング

うつ病の方は治療のために安静が第一になっており、無理に働いてしまうと悪化リスクが高くなってしまいます。そのため、仕事をしている方でうつ病を発症してしまったら仕事を休むようにしましょう。その際、会社によっては休職制度を設けているので上手く活用すると良いです。休職制度を活用することにより、傷病手当を受けることができます。この傷病手当は一ヶ月の給与が満額でもらえるというものではありませんが、生活をできる費用はもらえるため使わない手はないと言えるでしょう。傷病手当を受給することができれば無理に仕事をする必要がありません。しっかりと病院に通い、うつ病の治療を進めていくことができるので費用面の心配をすることもなくなるでしょう。また、うつ病治療を受ける場合は「自立支援医療制度」についても知っておくと良いです。自立支援医療制度は自己負担額を1割にすることができるため、うつ病治療で病院を利用した際の支払い額を最小限に抑えることができるでしょう。そのため、傷病手当と併用して自立支援医療制度の活用もすべきだと言えます。

うつ病を発症し、傷病手当をもらった際は基本的に生活費のために使用すべきですが、家にこもっていては悪化してしまうという場合は旅行をすることもできます。基本的には推奨されないのですが、悪化をするくらいなら外出をしてリフレッシュすることも大切だと言えるでしょう。しかし、SNSなどに旅行の写真をあげてしまうと会社に知られてしまうこともあるため注意が必要です。